アライグマ駆除は信頼できる専門の業者に依頼しよう

ハウス

殺虫剤の即効性

ワーカー

進化するゴキブリの対処、殺虫剤の話

夏場などは特に多いゴキブリ、年々対処方法にも違いが出てきています。10年ほど前にはスプレーで泡の中に閉じ込める商品も発売されていましたが、最近は殺虫成分に注目が集まっているようです。今でも使われるホウサンダンゴなどは置き型の駆除剤として優秀ですが、現れた場合置き型はあまり有効ではありません。スプレータイプのほうがやはり動きまわる虫には使いやすいので、即効性や持続性などが重要視されてきます。今注目されているスプレータイプの殺虫剤には「イミプロトリン」という成分が使われているものが多く、最も即効性が高いと言われています。これらのものはゴキブリ駆除に有効だと考えられます。ゴキブリ駆除を考えているなら発生原因を一度探ってみることを勧めます。ベランダや庭で植木を置いてる人は、そこが住処になってる場合があるので、植木と地面の間に段差を作って空気が入るようにあえて寒い環境にすると良いと思います。

ゴキブリ駆除、殺虫剤の乱用の注意点

殺虫剤の話を先ほど書きましたが、虫に害があるということは人や動物にも少なからず影響があります。今回は殺虫剤の注意点をいくつかあげてみます。まず、殺虫剤の成分にはいくつかありますので、成分別に説明です。よく見かける家庭用の殺虫剤成分【合成ピレスロイド】、この成分は、人体にはほぼ安全のようです。しかし中点もあり、器官に入ると肺の炎症が起こる可能性があります、そのため使用後は換気を行うことが重要です。他にも、魚には有害であるため水槽の近くでは使ってはいけません。ゴキブリ駆除で以前使ったことがある製品ですが、虫をスプレーで瞬間凍結させるタイプのものもありました。こういうものは殺虫剤ではないので安全ですが、中にはフロンガスを使っていたり、可燃ガスに引火するケースもあるので使用時には注意していただきたいです。業者に依頼した場合には駆除方法は様々で毒エサ、燻製剤、液体の薬剤散布などなどゴキブリ駆除の方法は本当に多いものです。駆除するなら徹底的に行いましょう。